採用情報Recruitment

鈴木悠太 物質工学科卒 テープメディアの品質・生産性向上、次世代テープの製造プロセス構築鈴木悠太 物質工学科卒 テープメディアの品質・生産性向上、次世代テープの製造プロセス構築

更なる生産性向上と新たな製品の導入を目指して

私の部署はテープメディア製造の各工程において、要素技術の向上にとりくみ生産性向上を実現する目標を持ち業務を行っています。
その中で私は、コストダウンなどの施策対応や次世代テープメディアの製造プロセスの構築を担当しています。
仕事をするうえで、開発、設計、製造、調達とほぼすべての部署と関わり、
特に、製造においては材料~製品出荷までの各工程の社員と協議の場を設け、
互いに協力しながら、目標に向けた取り組みをしています。

失敗から学んだことが成長へのステップアップ

特に、新しい製品を導入していく場合には、業務を進めていく中で、多くの課題が立ちはだかり、すぐに解決できるものもあれば、失敗をすることもあります。
最初から100点の正解を得て、解決する事が理想ではありますが、失敗から得られる知見も数多くあります。
また、課題を解決するには、情熱を持って、失敗を恐れず行動することが大切であるという事を実感しています。
これまでの経験から理論的な考え、スケジュール管理、コミュニケーション能力が向上したと感じています。

信頼されているからこそ、それ以上の成果を出す

私の場合、仕事は上司からのミッションになる事が多いのですが、与えられたからやる、という意識ではなく、
できると信頼されているので、それ以上の成果を出すという思いで、課題に取り組んでいます。
ミッションを達成し、生産移行まで進んだ品種が当たり前のように生産を行っている。
そんな当たり前をできるようにしたことにやりがいを感じます。

1日のスケジュール
  • 8:20

    出社

  • 10:00

    評価対応

  • 11:30

    昼食

  • 14:00

    施策対応

  • 17:00

    業務振り返り・明日の準備

  • 19:00

    退社

Copyright 2017 Sony Storage Media Manufacturing Corporation